再配達問題の改善で得られる効果とは?

ニュース記事

ネットショップ運営に欠かせない【 配達 】

【 再配達 】が社会問題として一時期話題になりましたが、
最近、様々な形で問題解決に向けて動いていることをご存知でしょうか?


再配達を行う事により、配達事業者の負担になる他、
排出するCO2の量が増加するため労働問題だけではなく環境問題としても
取りざたされています。

また、ネット通販を利用し再配達を経験したユーザーは7割、
その中でも再配達に申し訳なさを感じるユーザーは9割となっており、
利用者にとっても精神的負担となっています。

宅配ボックスで改善

「IoT宅配ボックスによる再配達削減(CO2削減×ストレスフリー)実証プロジェクト」では
IoT宅配ボックスを戸建て住宅98世帯に無償で設置することにより、
再配達率が41%から16%に減少したそうです。

これにより宅配事業者の労働時間が141時間削減され、
杉の木約22本分のCO2吸収量に相当する301kgが削減される結果となりました。

しかし集合住宅などでは
宅配ボックスを置くことが出来ない場合もあります。

そういった場合の為に、
手のひらサイズの宅配ボックスも登場しました。
この置き配ボックスは宅配物を玄関前に段ボールのまま置く置き配と、
堅牢な宅配ボックスの中間に位置する作りになっていて、
スペースが無くても手軽に宅配ボックスの環境ができます。

利用しない間は玄関口に吊り下げておくことが出来ますので
通路の邪魔になる心配もありません。

ポスト投函で改善

楽天では再配達問題を削減するために
ポスト投函型のギフトを考案しました。
商品の暑さを薄くすることで、
日本郵便の「ゆうパケット」やヤマト運輸の「ネコポス」など
ポスト投函型の配送サービスに対応しています。

また最近ではポスト投函の受け取りを強みとしたサービスも増えてきており
受け取り側と配達業者の負担を減らす動きが活発化しています。

再配達削減でユーザー満足度を改善

再配達の削減により
配送事業者の負担を減らすだけではなく、
荷物を受け取るユーザー側の満足度も改善されています。

IoT宅配ボックスによる再配達削減(CO2削減×ストレスフリー)実証プロジェクトでは、
設置したことによって日々の暮らしに変化があり、
「荷物受け取りのためのスケジュール調整の手間がなくなった」(94.9%)
「不在票を見るストレスが減った」(89.8%)
「今までより気軽にネットショッピングが楽しめるようになった」 (76.5%)
などの声もあがりました。


お客様が荷物を受けとる時のことを考えた運営の改善もできるかもしれません。

関連記事一覧